ようこそ! 登山ガイド・佐藤周一のHPへ


人はなぜ、山に登るのでしょうか? 時間に追われる日常生活から抜け出し雄大な自然に癒される為? 気のおけない仲間と楽しく和気藹々の時間を過ごす為? はたまた自らの目標に向け挑戦を続ける為?

この問に対し、その昔、ある登山家が『そこに山があるからだ』と答えたのは有名なエピソードですが、山に登る一人ひとりにそれぞれの「理由」があって良いと思います。

撮影者 佐藤周一

北アルプス涸沢の紅葉

 私自身も、中学生の頃から幾つかの理由で山に登り続けてきましたが、過去の経験から『絶対に山で遭難してはいけない』との信念を持っています。人生80年時代となり、定年後も長い時間を過ごす現代。人は誰でも「健康で長生きしたい」と望んでいますが、それを実現するためには幾つかの課題があり『適度な運動』もその一つです。

 『登山』は、心身の健康維持を望む中高年にとって誰でも参加しやすく、マイペースで楽しめる『適度な運動』ですが、中高年を中心に年間300名を超える死者・行方不明者(*)を数えるスポーツは他にはありません。

 還暦過ぎて登山ガイドとなった私は、主に中高年の登山愛好者の皆さんを対象に、楽しく、そして安全に帰り着く山登りを実践したいと思います。ぜひ、ご一緒に素晴らしい山の世界を満喫しましょう。

           * 平成27年度の山岳遭難による死亡・行方不明者は335名(警察庁発表)


Copyright (C) 2017 Club.White-Sail. All Rights Reserved